萩市の第一産業を考えるセミナー 参加者募集について

イベント情報
11 /01 2016
道の駅萩しーまーとは、地産地消を推進し地域の農林漁業経営の健全な発展を図るため、地域ブランディング」と「特産品開発」をテーマに専門家を交えて、萩市の第一次産業の振興・活性化を考えるセミナーを開催します。
講師は馬路村ブランドの仕掛け人、あの松﨑了三氏です!!
松﨑氏セミナー

松﨑氏セミナー

人口約1,000人の高知県馬路村は、県内でもあまり知られていなかったにも関わらず、80年代より村をあげて特産品の開発・販売に取り組み、現在ではゆずの産地として全国的にも広く知られます。
ゆず飲料やポン酢など、ゆずの加工品売り上げは30億円を超える規模。この馬路村を「ゆずの村」として全国に浸透させた松崎氏による、地域の特産品の販売戦略についての講演です。
「田舎をまるごと売り出す」という視点や、地域や人に焦点を当てたイメージづくり、田舎ならではの新たな価値の創出と情報発信など、地域資源の活かし方やこれからの地域のあり方について学びます。

地域資源の発掘からブランド化までを行う研修をいたしますので、地域の第一次産業を担っておられる生産者の皆様、商品開発等に取り組まれる皆様のご参加をお待ちしております。

○ 萩市の第一産業を考えるセミナー 
(1)日時 平成28年11月4日(金) 10:30~12:00
(2)会場 サンライフ萩 教養文化室
(3)主催 ふるさと萩食品協同組合 / 後援 萩市
(4)講師 田舎まるごと販売研究家/高知工科大学特任教授 松﨑 了三氏 (下記参照)
(5)演題 「地域まるごと販売術」
(6)申込方法等
   定員 30名程度(申込順)
   参加料 無料
   申込方法 氏名・ご住所・連絡先電話番号を電話もしくはFAXにて下記申込み先までお伝えください。
申込み先 道の駅萩しーまーと 電話 0838-24-4937 FAX0838-24-1192


関連記事