対抗心

未分類
08 /04 2017
ずっとやろうと思っていた事の一つが『エイの干物』
3年位前にネットで流行ったらしく、私がようやくそれを知ったのは去年の冬。
どうやらサカタザメで作るらしく、鮮魚部の店長にお願いしたら、サカタザメがセリに出てくるのは夏と言われましたんで、待ち続けて半年以上。やっとゲットできました!
手に入れたばかりの干していないサカタザメの写真を撮っていたんですが、今こうしてブログにUPしようとしたらデータ失くしてしまったようで、大変ショックを受けております。ビフォーアフターができない。
アフターはこちら↓

こういうのはジェニー・ハニヴァーっていうんですって。制作のポイントは切れ込みを入れて未確認生物っぽく見せること。
あとニスを塗ればより良いようで、↑コレに手持ちのニスを塗ったら・・・変になった。余計な事するんじゃなかった。透明ニスにするんだったと、重ねてショックを受けております。
部屋に飾っとこうと思ってたのですが、思ったよりデカいので萩しーまーとに夏の間、お披露目いたします。
決して萩博物館のオカルトチックな企画展に対抗心を燃やしているわけではないのですのよ。ホホホ。
できれば写真に撮ってもらってインスタグラムとやらに投稿していただきたいですー。

何も考えずに腹を開けてもらったんですが、ネットで見る限り腹開けされてないんですよねー。どうやって内臓を取ったんだろう?