駅長初登場!『駅長の出張日記・後編』

駅長
03 /15 2009
3月13日

朝4:00起きで、築地市場へ。
中央魚類㈱の相対売場(柱番号36)に担当の平塚課長を発見。↓

hiratuka.jpg

通路前面の特等位置に萩のあまだいと金太郎の箱、
しかも平塚課長手作りのPOPが箱の上に置かれている。

奥がキンタローで手前がアマダイ


当日の相対値は4300円/kgで完売!
買い手は、日本料理店などプロ筋に魚を供給する仲卸さん。
平塚さんから、6:00になったら一段落するので、朝ごはんを一緒にどうですか?とお誘いをいただき、メニューは?と聞くと、トンカツの旨い店があるとのこと!
築地の方々は、早朝からパワーのあるモノを食べるのだとビックリ。
で、築地流トンカツ朝飯は、丁重にお断り。
ホテルに一旦戻り、使いにくいニミノートPCで資料を整え、白金台の高級スーパー商品本部に向かう。取引が中断していた萩のまふぐタタキの復活と同時に、新たにあまだい製品も5種類を納入することに決定。
農商工連携事業で開発予定の新製品群にも興味深々のご様子でした。

午後は高級ギフトを扱う専門商社へ。
昼食をご一緒しながら、あまだいのギフトセット(1万円)の内容を協議。
余程、萩のあまだいを気に入ってもらったようで、何とか商品化したいと、先方の専務は大乗り気。

このように、萩の魚たちは、首都圏でも高く評価されつつあります。

前編へ戻る


駅長ありがとうございました~またよろしくお願いしますm(_ _)m

駅長初登場!『駅長の出張日記・前編』

駅長
03 /15 2009
駅長の中澤さかながブログ初登場です!
回文で上から読んでも、なかさわさかな下から読んでも、なかさわさかなです!(ちなみに本名ではありません。
3月12日・13日の首都圏へ出張しましたので、そのご報告。それでは下記からドウゾ。


3月12日

JAL2便で首都圏入り、羽田からそのまま新宿へ。
新宿西口にパークハイヤット(東京都庁よりも高層)B1Fのカジュアルフレンチ「カフェーズ」でランチ。
このお店には、萩からお魚を供給。御代を払おうとしたら、シェフ雨木さんが出てこられて私のおごりですとのこと。ご馳走さまでした。
伊勢丹新宿の良品工房コーナーを見学後、総務省での会議・打合せ、そして青山RINへ。

夜は、同じく萩から鮮魚供給している表参道のuncafeで、山口県東京事務所の福井氏、良品工房の白田氏、オーナーの内村氏と食事。
お勧めメニューリストに山口萩産の真鯛カルパッチョを見つけ感激
菜の花やフキノトウと一緒に萩の真鯛がアレンジされ、もちろん味は文句無しでした。
アンカフェの真鯛カルパッチョ


後半へ続く


■新宿 CAFEZ(カフェーズ)をぐるなびで見てみる

■un cafe(アンカフェ)をぐるなびで見てみる