ところてん。

鮮魚
07 /01 2009
このところ、やっと梅雨らしくなりました。
おとといの夕方はすごかった。本当に集中豪雨でした。なぜか傘をさしてたにもかかわらず、びっしょこになってしまいました。

先日、鮮魚部に行く途中、「三共」で目に付いたのが、これでした。

大島産天草ともつく。

青果の店長は、写真を見て、「その、ドーナツどうしたん?」とのことでしたが、ドーナツではなく、大島産の天草ともつくです。

気になったので、三共のおばちゃんに「これ、どうするん?」と聞くと、「煮て、ところてんにして食べるほいね~。」とのこと。
で、はっと見ると、出来上がったところてんもありました。

ところてん。

なつかし~。昔子供の頃、どこかのおじいちゃんが自転車に乗ってところてんを家まで売りに来てました。
早速、家に帰って食べてみることに・・・
母も、大好物。早速「切りい。」と命令され包丁で切りました。
で、涼しげにガラス鉢に盛り、砂糖と醤油をかけて食べてみました。

砂糖と醤油をつけて・・・

つるっつるっと。おいし~。

天草ともつくを半々ぐらいに煮て、作るとすごくぷるっぷるっとしたのが出来るそうです。

今日、三共のおばちゃんに「おいしかったよ~。」と言いに行くと。何やら奥からタッパを持ってきて、ごそごそ。「食べてみぃ~。」とおばちゃんお手製の天草ともつくで煮たところてんです。おばちゃんは、きなこと砂糖をまぶしてました。本当、ぷるっんぷるっんで、おいしかった~。
おばちゃんは、ところてんをつく道具も持っているんだとか・・・。
すごい!早く言ってくれれば、包丁で切らずにすんだのに~。「今度は貸しちゃる。」とのことです。