あの道の駅からシャーベット作ってもらってます

青果・日配
06 /20 2009
萩は昨日32.8℃になりました!
今日は冷菓のご紹介です。
200906200941000.jpg
今年のニューフェ~イス。
素材そのままの味わいのシャーベットで有名な道の駅おふくで作ってもらってるシャーベット達です。
おふくではコーンで食せますが、しーまーとではカップです。
このカップの蓋、数日前にやっとシールが出来あがりましてねぇ・・・
店員さんの手が空いては、一個一個フタにシールを貼っているのです。

種類はリンゴ・サラダホウレンソウ・クリなどがありますが、
大プッシュしますのはスイカ味。
萩では定番中の定番である、相島すいかで作ったシャーベットv
アイスクリームと違って卵も生クリームも使ってない分、元々薄味なスイカも他に影響されることなくスイカだけの風味がそのまま保たれてるのです!なのにシャーベット状にする為に空気を含ませる分、口当たりはなめらか
のど太くならない!シャーベット万歳。

そんな道の駅おふくは国道316号線に有。
下関水族館『海響館』に長門市で発見され、萩市須佐で採れたクリオネの仲間・ヤサガタハダカカメガイを見に行きませんか?その帰りに道の駅おふくに寄って足湯につかりながら、シャーベット食べましょう(*´▽`*)
そしてそのまま弁天池の湧き水汲んで帰っちゃう
それにしても、萩の近くで採取されたのか・・・クリオネの仲間・・・。
ハコメガネで見れるところにいたらよかったのにね(`・ω・´) フンッ=3
なにやら詳しいことは萩博物館のブログ海響館HPに出てましたよ。
クリオネよりずんぐりしたフォルムで結構かわいいです。

しーまーとでは海響館の100円割引券をお渡しします。